祝い事には贈り物

気持ちを伝える

歳を重ねるごとに増えていくのが、友人や知人の祝いごとです。
特に20歳を過ぎたあたりから、結婚や出産など多くのお祝い事が増えていきます。
贈り物には、贈る相手を喜ばせてあげるためにかなり重要なアイテムになります。
相手が求めているものを考えて気持ちを伝えるツールになりますが、そのお祝い事別に贈り物も変えてあげる必要があります。
特に出産となると、ベビーグッズやママ用のグッズが好まれます。
お祝い事の贈り物として昔から利用されているのが花束ですが、基本的には生花を利用して贈ります。
最近では生花をいつまでも枯らすことのないプリザーブドフラワーが贈り物として人気があります。
プリザーブドフラワーであれば、生花の美しさをそのままで長い間保存することが可能です。

季節を通して

日本には四季があると言われるように、春夏秋冬で景色も大きく変化していきます。
贈り物に関しても、その季節に合ったものを贈ると相手は喜んでくれます。
例えば結婚のお祝いであっても、2人が結婚した時期に咲く花を贈ると、より意味のこもった贈り物として喜ばれます。
誕生日プレゼントも同様で、その人の生まれた月の誕生石を利用したアクセサリーや、誕生月のシンボルフラワーを贈ると良いでしょう。
特に女性に贈る場合、強い意味を持つ贈り物や、メッセージ性のある贈り物であれば喜んでもらうことが可能です。
贈り物は相手に喜んでもらうことがなによりも大切なので、贈るときには相手にとって何が一番嬉しいのか考えておくとより良い贈り物を見つけることができます。

生花に比べると

プリザーブドフラワーは生花では考えられないほどの期間、花の状態を美しく保つことが可能です。保存状態が良ければ十数年もの間、花の美しさを楽しむことができるのが大きな特徴です。

Read More

種類は豊富

プリザーブドフラワーは、今ではかなり多くの種類が販売されており、花の色から花の種類までかなり多岐にわたります。種類が多いので贈る相手に合った花を選ぶことが可能です

Read More

多くのシーンに

プリザーブドフラワーは誕生日や結婚祝い、引越し祝いや母の日ギフトなど、様々なシーンのギフトとして利用することができます。今ではフラワーと一緒に人形や宝石がアレンジされたものも販売されています。

Read More

作り方を知る

見た目は生花でありながら、何年もの間綺麗な状態を保つことができるプリザーブドフラワーは、作り方にポイントがあります。今ではプリザーブドフラワー教室などもあり、自分でつくることも可能です。

Read More

選び方

プリザーブドフラワーを選ぶときは、その花言葉もイメージして選ぶと良いでしょう。それぞれの花言葉を理解して贈ることによって、よりメッセージ性の強いプレゼントにすることができます。

Read More